包茎治療は保険適用される?泌尿器科の場合の保険適用は?

基本的に包茎治療は保険適用外の自費診療です

基本的に包茎は病気とは判断されませんので、治療において保険適用にはなりません。例えば仮性包茎の状態は不衛生で臭いも気になりますが、包茎で命を落とす人はいないでしょう。インプラント治療や鼻整形、二重施術にも言えることですが、これらは容姿を改善する目的で行われるものと判断されています。包茎治療の場合は容姿とは関係ありませんが、生命に影響しない症状のため勃起不全の治療と同様に保険は使えないです。

仮性包茎の治療をメンズクリニックや泌尿器科で受ける場合は、すべて自費診療になると考えてください。ただし真性包茎の場合においては、保険が使えるケースが稀にあります。真性包茎とは言っても症状の度合いはさまざまですが、まったく包皮を剥けない状態であれば保険適用になることがあります。剥けないと当然ながら亀頭を洗浄できないので、内側にはびっしりと恥垢が溜まってしまうでしょう。亀頭包皮炎のリスクが高くなりますし、パートナーにも炎症・かゆみなどをうつしてしまう可能性もあるため、保険で包茎治療を受けられる場合があります。

泌尿器科によって扱いが異なるケースがある

同様の症状であっても泌尿器科によって、保険の適用になる場合もあれば、ならない場合もあるのが現実です。あるクリニックでは重症の真性包茎だと診断していても、別のクリニックではそれほど問題なしと判断するかもしれません。診断をする医師によって見解は異なりますので、実際に検査を受けてみないと詳細はわからないです。健康保険を使用して包茎治療を受けたい場合は、保険適用の実績が豊富にある泌尿器科を選択しましょう。

いずれにしても真性包茎と判断された場合、自力で治すのは非常に困難です。子どものころの包茎だと大人になるにつれて自然に解消することが多いですが、成人を過ぎても包茎の状態のままならば、何もせずに改善しないと考えてください。泌尿器科で包茎治療を受けるべきか判断する基準は、包皮を剥くことに苦痛を感じるかどうかです。包皮が痛くて剥けないようならば施術を受ける必要がありますし、それほど痛みがないのであれば普段から剥いておく習慣をつけることで、ある程度解消できるケースがあります。

まとめ

包茎治療のほとんどは自費診療に該当するため、保険適用になるケースは稀です。ただ重度の真性包茎だと診断された場合は、保険適用で包茎治療をしてくれる泌尿器科があります。ここは泌尿器科の判断により保険適用の有無が異なることが多いので、実際に検査を受けて指示を仰いでください。保険適用の包茎治療を数多くこなしている泌尿器科の場合ですと、保険で治療を受けられる可能性が高いです。日常生活に支障が出るレベルかどうかが判断材料になることが多いです。